Brawl

Brawl、やってみよう!

みなさんこんにちは。南信のTCGショップ、MAGの山田です。 今回は新たなカジュアルフォーマット、Brawlについてお話させていただきます。

Brawlって?

MTGには《殴り合い/Brawl(メルカディアン・マスクス)》というカードがあるようですが、 それではなく、ウィザーズ社が新たに提案する新フォーマットです。 Brawlの意味は、「喧嘩」だそうです。ちょっと物騒だな~と思いながらもう少し調べてみたところ、俗に「にぎやかなパーティー」という意味があることを知りました。 さて、ふんわり意味も理解したところで、MTGにおける「にぎやかなパーティー」こと「Brawl」について見ていきましょう。 その正体は、スタンダードで使用可能なカードのみを使った統率者戦(多人数戦)でした。

構築のルール

  • 伝説のクリーチャーかプレインズウォーカーを”統率者”に指定。
  • デッキは統率者を含めて60枚。(統率者+59枚)
  • デッキには、統率者が”持たない色”のカードを入れることができない。土地も同様。
  • 基本土地以外はデッキに1枚制限。

ゲームのルール

  • 統率者を統率者領域に置いた状態でゲームスタート。統率者は、マナコストを支払うことでプレイすることができる。
  • 統率者が領域を移動(墓地に置かれたり手札に戻ったり追放されたり)する場合、統率者領域に戻ることができる。
  • 統率者領域から再び唱えるためには、唱えた回数1回につき追加で無色2マナを支払う必要がある。
  • 初期ライフは30。
  • 最初のマリガンだけ7枚でできる。
注意事項としては、スタンダードで使用可能なカードのみを使った統率者戦とお伝えした通り、 スタンダードで使用不可能なカード、すなわち禁止カードは使うことができません。残念。

実際にやってみた

では実際にMAGでプレイされたデッキを、いくつか画像で紹介させていただきます。 まだまだ粗削りですが、みんな楽しんでやっています。4/18現在(KLD~RIX) ニコルニコル・ボーラス オビア・パースリーオビア・パースリー サムトサムト ハパチラハパチラ

カードピックアップ

潤滑油アーティファクト

宝物の地図 師範の占い独楽には敵いませんが、デッキを安定させてくれます。裏返るとドローにも。 黄昏のピラミッド 置いておける3ドロー。ゲームのスピードは早くないので、じわじわとアドバンテージを稼いでくれます。 アゾールの門口 不要カードを入れ替えてくれます。 魔学コンパス 土地をサーチしてきちんと伸ばすことができます。裏返ると防御力アップ。

マナアーティファクト

耕作者の荷馬車 マナ加速兼ブロッカーになります。 オラーズカの秘宝 マナが伸びてきたら1ドローに変換できます。 マナリス 追加の荷馬車です。

リセットカード

燻蒸 ライフゲイン付。 破滅の刻 破壊不能のアモンケット神たちを倒せる数少ないカード。 焼けつく双陽 効果が薄いときにはサイクリングが可能。 絶滅の星 土地を破壊してクリーチャーとプレインズウォーカーに20点ずつ。 ヤヘンニの巧技 巧技ならではの追加のアクションが可能。 黄金の死 倒せる範囲は少ないですが、終盤は相手のみ。 バントゥ最後の算段 軽めのリセット。 焦熱の連続砲撃 インスタントの全体2点。ベケット率いる海賊デッキには効果が薄いです(笑)

置物破壊

稼働停止 ライフゲイン付。 削剥 クリーチャーも倒せる。 力ずく 複数破壊。 グレムリン解放 複数破壊。 打ち壊すブロントドン クリーチャー兼置物破壊。 帰化 シンプルな置物破壊。 人工物への興味 ライフゲイン付。 忍び寄るカビ 土地までいける。

土地

産業の塔 アーティファクトは採用されることが多いので5色ランドとして。 オラーズカの拱門 終盤はアドバンテージ源に。
  • 各種砂漠サイクリングランド
各種砂漠サイクリングランド キャントリップ付。
  • タップイン2色ランド
タップイン2色ランド デッキビルダーセットに収録されているため、10種全て使えます。 進化する未開地 色安定に。 廃墟の地 色安定のためにも良し、終盤は厄介なイクサランの両面土地対策に。 霊気拠点 5色ランド。エネルギーの供給ができるとベスト。

各対戦相手と書いてあるカード

各対戦相手と書いてあるカードは効果が普段の3倍なので、強さがガラリと変わります。 反逆の先導者、チャンドラ熱烈の神ハゾレト炎鎖のアングラス木端 // 微塵 の微塵など、構築で見かけるものから、 霰炎の責め苦ヴォーナの飢え栄光の神バントゥバントゥの碑など、なかなか見ないカードまで。 カードを探すのも楽しいですね!ちなみに鮮血流なんかは、吸血鬼デッキで使うとすごいことに。 鮮血流

感想

デッキは意外とすぐ完成しました。土地25枚と残り35枚、バランスはいつものスタンダードの感覚で組めたのも大きかったと思います。 通常の統率者戦と違い、無限コンボも少ないため、勝ちに行くには殴りにいく必要がありました。 しかし殴りあおうとクリーチャーを並べると、盤面は膠着しがちだったので、そんな時は、やっぱり飛行が強いですね。 インスタントの除去も少ないので、機体かつ飛行の霊気圏の収集艇領事の旗艦、スカイソブリンは破格の強さでした。 霊気圏の収集艇領事の旗艦、スカイソブリン あとは、マナフラッド(土地の引きすぎ)の受けができるようにしておくといいですね。スカラベの神蠍の神[/card、[card]歩行バリスタといったカードはフラッドの受けに最適です。 スカラベの神蠍の神歩行バリスタ プールはスタンダードなのですが、とにかく普段見られない様々なことが起こります。 ロナスの碑+霊気圏の収集艇+緑地帯の暴れ者のコンボで、緑1マナにつき+2+2された絆魂飛行トランプルに攻撃されたり、盤面が非常に不利な状態から絶滅の星で逆転したり、副陽の接近を打ったら3人から総攻撃されて7点くらい軽く吹き飛んだりと、とにかく非常に楽しいです! 見慣れないコモンカードがシナジーですごいことを引き起こしたりするので、見ていて飽きません。

終わりに

いかがだったでしょうか。この記事を読んで、少しでもBrawlをやってみようかなと思っていただけたなら幸いです。 そして今月末には、伝説のカードを多く収録する新セットである”ドミナリア”が発売されます。 神話レア、レア、アンコモンにまで、さまざまな伝説のクリーチャーたちが存在していますね。カードの性能的にもストーリー的にも、非常に魅力的なセットです。 お気に入りの1枚を見つけて、彼らと「にぎやかなパーティー」を楽しんでみてはいかがでしょう。 ドミナリアは4月21日(土)22日(日)にプレリリースイベント、4月27日(金)発売です! 読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

やまだくん

南信のTCGショップMAG店長。競技イベントに遠征するため、土曜日はお店にいないことも多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です