はまさんのPTQ運命再編@大阪 突破レポート

挨拶

どうも調子乗り男です。
先週土曜日に大阪で行われたPTQ運命再編で優勝しちゃいました~~~

まさか先日のWMCQに続き、PTQも勝てるとは・・
これもひとえに日頃の行いのお陰といったところでしょうか。

なんというかこの間のWMCQもそうでしたけど、随所で驚くほどついてましたねぇ
そんな最初の驚きはカードプールでした。

カードプール

もらったカードプールはこちら。

DCIM0295

DCIM0291

DCIM0294

DCIM0292

DCIM0293

無色&土地

DCIM0296

雑感

M15シールド結構やってきたけど最強クラスだと思う程の良プール。
「魂引けっ!」と強く願った結果、3枚の魂が同時に来る僥倖。
しかも最強の魂と称されるテーロスの魂もいる。
除去も豊富で、光の柱爛れ暗がり等のかゆい所に手の届くカードもある。

謙虚な僕は「もろた!」とは思わずこのプールでの最善をギリギリまで模索する事になる。
これまで強いレアを引けても、構築ミスで落としてきた試合も何度もあるし、眩しい光(強いレア)に
目がくらみお粗末なデッキを数々作ってきた経験からで、珍しい事にこの日の僕には無駄に落ち着いていた。

デッキ構築

デッキ構築の戦略

数々の敗北から学んだM15シールドの戦略は・・

強いレアを引く事。

いやほんとこれ。
まじでこれ。
この環境のデッキ構築の8割ぐらいはレア力に依存すると思ってる!
そういった意味では今回は大成功だったわけです。

ただこれは運の部分がほとんどなので、
運に頼らない構築の部分で言うならば、こんなところ。

・2/2より2/3(マナカーブとのトレードオフにはなるけど極力2/3重視)
・タフ1は最低限に
・相手の魂の除去れるカードがプールにあるなら頑張って使えるようにする
・威嚇が強いので、あれば使うし無ければケアる(黒テンとか入れて)
・除去が薄いのでオーラがえらく強い(火炎放射耐性も上がるので結構大事)

もうM15環境もおしまいに近いので詳細な説明はしませんが、意識してたのはこんなところ。

出来たデッキ

DCIM0289

説明

テーロスの魂三つぞろいの霊魂を始め優秀な生物がいる白はほぼ確定で
(というかテーロスの魂が抜けて強すぎるのでよほどの事がない限り白は使いたい所で、
まともに使えるカードが枚数あったので白は確定)
後は2色目探しをする事になった。

まず白のカードを並べてみたところ、2マナ圏が薄くタフネスの高い生物が少ない事が目についたので
その部分をカバーできる色を探してみた。
赤も緑も2マナ圏のカードが非常に少なく、魂を要する青及び黒での検討に入った。
ただ青の魂であるラヴニカの魂にはGP台北での苦い経験から大分懐疑的で、
加えて黒の低マナ域の充実ぶりを加味すると2色目はすんなり黒に決まった。

(※はまさんはGP台北でラヴニカの魂とジェイスを引き調子に乗るも
効果を勘違いしていたりであえなく初日落ち)

悩んだ点は3マナ、4マナ圏の取捨選択とスペル枠のところ。
まずは3マナ圏。
魔女の使い魔屍食いカラス2枚の採用を結局のところ見送った。
出来るであろうデッキは重いカードが強く序盤を如何に耐えるかの勝負になるので
デッキ構築もその点に重きを置いて構築したわけなんだけど、
屍食いカラスは出てくる時がタップ状態ですぐブロッカーにはならず、
挙句相手のカミソリ足のグリフィンは止められないという点が気になり不採用。
ギリギリまで考えていたのが魔女の使い魔で、後述する最後の1枚の検討まで残っていたけど
既に多すぎる3マナ圏と言う事で見送られた。

次に4マナ圏。
新たな夜明けの模範巨大戦車が残りの1枠を争っており、
新たな夜明けの模範は白の生物カウント的が自身を除いて9枚とかなり悩む数だったが、
つい先日巨大戦車をドヤ顔で出した返しにスズメバチの巣を出されて投了に追い込まれた事案が思い出され
新たな夜明けの模範が採用された。

最後にスペル枠。
環境が生物環境なので最低限のスペルに留める予定で、
悩みに悩んだのが儚き盾
守りたいレアがあるので、本来ならばすっと居場所を見つけるカードなんだけど
こっちの守りたいレア=魂で、飛んでくる除去の半数が追放系(光の柱等)のため
役に立たない可能性があり、ギリギリまで悩んだ。
結果序盤の生物もかなり心許ないため、それをサポートする事が出来るので採用となった。
魔女の使い魔と時間ギリギリまで葛藤してた。

あ、抑圧的な光線は殴るデッキであれば強く使えるけど、ロングゲームを目指すデッキとしては
後半使っても効果が薄いので結構早めに候補から外れましたねぇ。

今ならどうする?

天麗のペガサス新たな夜明けの模範を抜いて、
巨大戦車を入れるかなってとこです。 天麗のペガサスは悪くないんですが、このデッキだと強化される事もなく性能を生かしきれないなーと。
そんでもって、それを入れない事でさらに居場所のなくなりそうな新たな夜明けの模範が首候補。

重いところが強いデッキなので土地18で構築するべきだったのはずーっと頭にあって
ただ入れたいカードが多すぎて結局17で組んでしまったわけなんですけど、
冷静に考えれば18だなと。
んでもって冷静に考えた結果巨大戦車はやっぱり強いよねって形です。

サイド候補カード達

DCIM0290

説明

一応進化する未開地があったので赤のタッチもサイド後ではするかもと思ってましたが
結局赤いカードと早めのデッキに当たった時のための抑圧的な光線も入れませんでした。
反面良く入れてたのが爛れ暗がり巨大戦車です。
人気カラーの白いデッキが多かったのが最大の要因ですが、霊魂の絆という
スピリットを量産するレアを良く出されたのでかなりの頻度でサイドインしてました。
後は黒の威嚇スピリット止めるためにカラー全体を黒にするためにカラスとかカエル(魔女の使い魔)入れてましたね。

ただ断トツのサイドイン率を誇ったのがだと言う事は秘密です。

スイスラウンド

R1~R6 勝ち
R7 ID
R8 勝ち

R8はIDしても負けてもTOP8は確定してたので、相手には少し悪かったですが
ガチらせてもらって勝ち。
ドラフトで自信のあったアーキタイプが黒赤ビートと白赤ビートだったので
先手が欲しかったのです。

スイスラウンドはなんというかテーロスの魂様々でした・・・
1パンチ50点ゲインとかさすがにバグ!

決勝ドラフト

例によって水曜日発行のメルマガに記載予定です(笑)
是非登録を!

はま屋.netの左下のほうにメニューがあります。)
メルマガ登録はココ

 未分類