Ono君観察日記:Ono君「レガシー神決定戦」に出る

挨拶

みなさんお世話になっております。Onoです。
日本三大カードショップ(注1)の1つ『晴れる屋』さんで行われた神レガシーの参加レポートを書かせていただきました。

Ono君の成長を暖かく見守るシリーズの記念すべき第一回です。楽しく読んでいただけたらなと思います。
反省点をピックアップしながらレポートするので比較的後ろ向きな企画です。

デッキを貸してくださったホマリッドさん、同行した赤青の人さん、マゾ村さん、UEHARA君、天使の松井玲奈さんにこの場を借りてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

注1日本三大カードショップ(編注:Ono君個人の意見です)

  • 晴れる屋=呉
  • BIGMAGIC=魏
  • はま屋=蜀

使用デッキリスト

カナディアンスレッショルド
Main Deck(60 cards)
4 秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets [商品検索]
4 敏捷なマングース/Nimble Mongoose [商品検索]
4 タルモゴイフ/Tarmogoyf [商品検索]
4 渦まく知識/Brainstorm [商品検索]
4 もみ消し/Stifle [商品検索]
2 呪文貫き/Spell Pierce [商品検索]
2 呪文嵌め/Spell Snare [商品検索]
4 目くらまし/Daze [商品検索]
4 Force of Will [商品検索]
1 四肢切断/Dismember [商品検索]
4 稲妻/Lightning Bolt [商品検索]
1 二股の稲妻/Forked Bolt [商品検索]
4 思案/Ponder [商品検索]
3 Volcanic Island [商品検索]
3 Tropical Island [商品検索]
4 沸騰する小湖/Scalding Tarn [商品検索]
4 霧深い雨林/Misty Rainforest [商品検索]
4 不毛の大地/Wasteland [商品検索]
Sideboad (15 cards)
1 ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique [商品検索]
1 硫黄の精霊/Sulfur Elemental [商品検索]
1 被覆/Envelop [商品検索]
2 水没/Submerge [商品検索]
2 赤霊破/Red Elemental Blast [商品検索]
1 古えの遺恨/Ancient Grudge [商品検索]
2 乱暴+転落/Rough+Tumble [商品検索]
2 真髄の針/Pithing Needle [商品検索]
2 墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage [商品検索]
1 Karakas [商品検索]

使用デッキはカナディアンスレッショルド(以下カナスレ)です。
有名な方のリストをそのまま持ち込みました。

カナスレについての説明は他のサイト等で詳しくされているので、知らない方向けに簡単に行います。

カナスレは秘密を掘り下げる者をはじめとした軽量クリーチャーと火力で相手のライフをすばやく削りきるデッキです。

軽量カウンターとピッチスペルでクリーチャー除去や致命的なスペルを弾きながら、もみ消し不毛の大地で相手のマナ基盤を縛り、1~2ターン目を相手が死ぬまで続けるソフトロック的な動きをとります。

レガシーを代表する、世界一有名なクロックパーミッションデッキです。

参加レポート

スイスラウンド
1回戦 ドレッジ ○××
2回戦 カナディアンスレッショルド ○○
3回戦 ミラクル ×○○
4回戦 Death & Taxes ○○
5回戦 エスパー石鍛冶 ×○×
6回戦 アグロロック ○××
7回戦 BUGカスケード ○○
8回戦 ゴブリン ×○×
ドロップ

結果は4-4でした。白単エメリア(カナスレの天敵)に当たらなかっただけでも非常についていました(涙)

反省会

1回戦 ドレッジ

サイドボードのIn-Out 対ドレッジの経験不足

1戦目に相手が事故を起こし、奇跡的に勝利を得ました。発掘持ちのカードやナルコメーバがめくられず、墓地に落ちたグリセルブランド大修道士、エリシュ・ノーンからリアニメイトだと勘違いしました。

そのため、サイドボードの乱暴/転落をInせず、2戦目には黄泉からの橋から出てきたゾンビトークンに蹂躙されました。

3戦目はしっかりドレッジ用のサイドを取りましたが、ドレッジに対する理解の浅さが前面に出てしまいました。

黄泉からの橋は能動的に追放できる

デルバーに火力を打ち込むことや、1/1の状態の敏捷なマングースを乱暴/転落で流すことで黄泉からの橋をリムーブすることができます。

基本的なことなので知ってはいたのですが、ドロースペルでそれらの行動が取れるカードを探しに行かなかった事が直接敗因となりました。

黄泉からの橋

タルモゴイフが活躍するマッチアップである

除去を打ってこない相手のため、タルモゴイフをアグレッシブに活用できる。もっとタルモゴイフに頼ってもよかった気がします。

タルモゴイフ

5回戦 エスパー石鍛冶

相手のプレイングに左右されない

予期せぬ事態が起きた時こそ集中しろ!

このマッチアップはサイドボードやテクニカルなプレイングではなく、もっと基本的な部分が影響して負けてしまいました。

1戦目はダブマリからのハンド差で負けてしまいましたが、相手が目くらましもみ消しをケアせずに動いたことから対カナスレの経験が少ないプレイヤーであることが分かりました。

2戦目は目くらましが綺麗に決まり、盤面を構築でき真の名の宿敵の着地を許してしまいますがタルモゴイフで殴りきることができました。

神レガシー8回戦の中でもっとも反省し、次に生かさなければいけないのが次の3戦目です。

この試合もダブマリから始まりますが、十分に土地が伸び秘密を掘り下げる者タルモゴイフとテンポ良く展開することができました。X=0で置かれた仕組まれた爆薬にはもみ消し石鍛冶の神秘家にはヴェンディリオン三人衆とこちらの都合通りにゲームが進んでいきます。

真の名の宿敵が着地しますが、秘密を掘り下げる者ヴェンディリオン三人衆で制空権を取っていたのでそのまま殴り続けます。そして迎えた相手の最終ターンに私の予期していなかったスペルが唱えられました。

未練ある魂

未練ある魂

真の名の宿敵未練ある魂の両方を採用しているリストが少ないことから完全にケアしていないスペルでした。相手の土地が十分に伸びていることから渦巻く知識呪文貫きをデッキに戻していたことも裏目に出てしまい、フラッシュバックまで許してしまいます。

結論を言うと、そのまま時間を稼がれて梅澤の十手殴打頭蓋とプレイされ圧敗しました。

避けられない負けの様に見えますが、細かいところで甘さが出てしまった試合でした。自分が格上であるという過信や有利な盤面から生まれた甘さが未練ある魂に繋がってしまったのです。

また、未練ある魂を通してしまった際に私は試合を半分諦めてしまいました。後ろで見ていてくださった方と感想戦を行ったところ、丁寧に戦闘を行い、適切にスペルをプレイしていれば勝つ可能性は十分にあった事が分かりました。

深く反省し次に生かしたいと思います。

6回戦 アグロロック

してはいけない事をしたら負けるのは当たり前

こちらも3戦目、先攻1ターン目に敏捷なマングースをプレイし相手はフェッチから平地を置いて、2ターン目を迎えました。
私はここで絶対にやってはいけないことをします。

タルモゴイフをプレイ。

ハンドに水没があったことからそのまま殴り殺す安易なプランを取ってしまいました。もちろん剣を鍬にタルモゴイフはリムーブされてしまいます。

そこからは先攻後攻がひっくり返ってしまい、未練ある魂闇の腹心饗宴と飢餓の剣とプレイされて負けてしまいました。

対戦相手の方がマスタークラスのプレイヤーのため、しっかりマナを浮かせていればもみ消しをケアしたプレイングをしたはずです。
3色のデッキが思うようにフェッチを切れないのは大きなプレッシャーになります。

適切なプレイングをしていれば相手にBIGターンを与えず敏捷なマングースで殴りきる事ができたかもしれません。

反省まとめ

以上が神レガシーの反省点です。
MtGのABCができていないことが大きく、直接的な敗因につながってしまう形となりました。
ゲームプランのとり方や戦闘など課題が沢山見えてきました。何度もしつこいですが、反省し、次回に生かしたいと思います。

それでも楽しかった神レガシー

反省点ばかり挙げていたので勘違いされる方もいるかと思いますが、神レガシー自体はとても楽しかったです。
カナスレはMtGやってるぜ!と思える本当に良いデッキです。適切なプレイングをしているとしっかり勝てるデッキなので経験値を増やし勝率を上げて行きたいです。

新・3大 神レガシーで脳汁が出た瞬間

その①

ミラクル戦3戦目3ターン目 アップキープ師範の占い独楽起動 ドロー 師範の占い独楽起動 エンドです。(相手の土地は島島)

独楽島島

その②

Death & Taxes戦3戦目 相手のライフ5 こちらの場にはタルモゴイフ、3/3の敏捷なマングース ドヤ顔でプレイされる安らかなる眠り さらにドヤ顔で返すもみ消し

ono02

その③

BUGカスケード戦 ぼろぼろの盤面の中 おもむろに振ってきた稲妻×2 相手は死んだ

稲妻

駄文にお付き合いいただきありがとうございました。またお会いしましょう!
お疲れオリビィア・ヴォルダーレンうなぎ!

この記事を書いた人

Ono

斧によく間違われる。
ブログ[ヤンデレ観察日記]

レガシー大会の宣伝

7月26日(土)に、はま屋松本店でレガシー大会、ヤナキノコ杯を開催します。
詳細は以下になります。沢山の参加お待ちしております。

参考イベント – ヤナキノコ杯(レガシー)

 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です