デュエルコマンダー・デッキ紹介:《オルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scion》

はじめに

皆さんこんにちは、山の民です。
三回目のデュエルコマンダーのデッキ紹介コーナーとなります。

参考デュエルコマンダー・デッキ紹介:《歓楽の神、ゼナゴス》

参考デュエルコマンダー・デッキ紹介:《海の神、タッサ》

先だって予告いたしました”オルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scion”デッキですが、一応の形になりました。

オルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scion”

このデッキはリクエストに応える形で作成したのですが、統率者とある程度の勝率以外は特に拘らないとの事でしたので癖の少ない構成になっております。

このレシピはあくまで叩き台ということで、最後は依頼者のお好みで調整して頂ければと思います。

それでは、こちらをご覧下さい。

“オルゾフの御曹子、テイサ”デッキの紹介

サンプルデッキ

「オルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scion」
Main Deck(100 cards)
1 オルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scion [商品検索]
統率者
6 平地/Plains [商品検索]
6 /Swamp [商品検索]
1 Scrubland [商品検索]
1 コイロスの洞窟/Caves of Koilos [商品検索]
1 不毛の大地/Wasteland [商品検索]
1 ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower [商品検索]
1 黄塵地帯/Dust Bowl [商品検索]
1 高級市場/High Market [商品検索]
1 溢れかえる岸辺/Flooded Strand [商品検索]
1 汚染された三角州/Polluted Delta [商品検索]
1 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire [商品検索]
1 吹きさらしの荒野/Windswept Heath [商品検索]
1 湿地の干潟/Marsh Flats [商品検索]
1 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs [商品検索]
1 乾燥台地/Arid Mesa [商品検索]
1 神無き祭殿/Godless Shrine [商品検索]
1 オルゾフの聖堂/Orzhov Basilica [商品検索]
1 トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair [商品検索]
1 ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth [商品検索]
1 悪臭の荒野/Fetid Heath [商品検索]
1 孤立した礼拝堂/Isolated Chapel [商品検索]
1 大天使の霊堂/Vault of the Archangel [商品検索]
1 統率の塔/Command Tower [商品検索]
1 家路/Homeward Path [商品検索]
土地 34枚
1 雨ざらしの旅人/Weathered Wayfarer [商品検索]
1 石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic [商品検索]
1 血の芸術家/Blood Artist [商品検索]
1 絵描きの召使い/Painter’s Servant [商品検索]
1 オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos [商品検索]
1 アンデッドの剣闘士/Undead Gladiator [商品検索]
1 肉袋の匪賊/Fleshbag Marauder [商品検索]
1 アカデミーの学長/Academy Rector [商品検索]
1 刃砦の英雄/Hero of Bladehold [商品検索]
1 Su-Chi [商品検索]
1 正義の執政官/Archon of Justice [商品検索]
1 復讐に燃えたファラオ/Vengeful Pharaoh [商品検索]
1 叫び大口/Shriekmaw [商品検索]
1 死体の鑑定人/Corpse Connoisseur [商品検索]
1 太陽のタイタン/Sun Titan [商品検索]
1 大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite [商品検索]
1 ルーン傷の悪魔/Rune-Scarred Demon [商品検索]
1 グリセルブランド/Griselbrand [商品検索]
1 灰燼の乗り手/Ashen Rider [商品検索]
1 エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria [商品検索]
クリーチャー 20枚
1 ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil [商品検索]
1 遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant [商品検索]
1 イニストラードの君主、ソリン/Sorin, Lord of Innistrad [商品検索]
1 太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion [商品検索]
プレインズウォーカー 4枚 [商品検索]
1 土地税/Land Tax [商品検索]
1 拷問生活/Tortured Existence [商品検索]
1 動く死体/Animate Dead [商品検索]
1 苦花/Bitterblossom [商品検索]
1 沈黙のオーラ/Aura of Silence [商品検索]
1 忘却の輪/Oblivion Ring [商品検索]
1 ネクロマンシー/Necromancy [商品検索]
1 繰り返す悪夢/Recurring Nightmare [商品検索]
1 汚染/Contamination [商品検索]
1 ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena [商品検索]
1 エレボスの指図/Dictate of Erebos [商品検索]
エンチャント 11枚
1 頭蓋骨絞め/Skullclamp [商品検索]
1 乳白色のダイアモンド/Marble Diamond [商品検索]
1 炭色のダイアモンド/Charcoal Diamond [商品検索]
1 精神石/Mind Stone [商品検索]
1 巻物棚/Scroll Rack [商品検索]
1 オルゾフの印鑑/Orzhov Signet [商品検索]
1 冷鉄の心臓/Coldsteel Heart [商品検索]
1 屍賊の死のマント/Nim Deathmantle [商品検索]
1 ファイレクシアの供犠台/Phyrexian Altar [商品検索]
1 爆破基地/Blasting Station [商品検索]
アーティファクト 10枚
1 再活性/Reanimate [商品検索]
1 陰謀団式療法/Cabal Therapy [商品検索]
1 Demonic Tutor [商品検索]
1 牧歌的な教示者/Idyllic Tutor [商品検索]
1 未練ある魂/Lingering Souls [商品検索]
1 議会の採決/Council’s Judgment [商品検索]
1 生き埋め/Buried Alive [商品検索]
1 名誉回復/Vindicate [商品検索]
1 ハルマゲドン/Armageddon [商品検索]
1 戦慄の復活/Dread Return [商品検索]
1 堀葬の儀式/Unburial Rites [商品検索]
1 征服者の誓約/Conqueror’s Pledge [商品検索]
1 高まる献身/Increasing Devotion [商品検索]
ソーサリー 13枚
1 剣を鍬に/Swords to Plowshares [商品検索]
1 流刑への道/Path to Exile [商品検索]
1 悟りの教示者/Enlightened Tutor [商品検索]
1 納墓/Entomb [商品検索]
1 引き裂かれた記憶/Shred Memory [商品検索]
1 喉首狙い/Go for the Throat [商品検索]
1 屈辱/Mortify [商品検索]
インスタント 7枚

デッキコンセプト

白黒トークンにリアニメイトとコンボ要素を搭載した構築済みデッキ、というイメージで作成しました。
依頼者に最後の調整をしていただく前提ですので、現状の構成は起伏のないのっぺりとした状態です。

「ファッティをリアニメイト or コンボによる決着」を目指しつつ、トークンやコンボパーツで牽制していきます。
オルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scion”とトークンのシナジーやリアニメイト戦略があるため、クリーチャー主体のデッキ相手には相性良く戦えます。テイサ健在の場で”苦花/Bitterblossom”や”太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion”を追加できれば盤面はこちらに大きく傾きます。
逆に、このデッキはカウンターを搭載したコントロールデッキや墓地対策を苦手とします。他にも統率者を執拗に除去されたり、盤面を一掃されると苦しい展開になります。それらを想定するのならば”思考囲い/Thoughtseize”等の追加で手札を攻めたり、装備品のような強いパーマネントや呪文を増量したいところです。

主だった無限ループやロックは以下のものです。

“オルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scion” + “絵描きの召使い/Painter’s Servant” + “爆破基地/Blasting Station”

“Su-Chi” + “屍賊の死のマント/Nim Deathmantle”+”爆破基地/Blasting Station”

     “太陽のタイタン/Sun Titan” + “動く死体/Animate Dead” + “ネクロマンシー/Necromancy” + “爆破基地/Blasting Station”

“絵描きの召使い/Painter’s Servant” + “エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria”

     “苦花/Bitterblossom” + “汚染/Contamination“

爆破基地/Blasting Station”は他の生贄をコストとして要求するもの(”ファイレクシアの供犠台/Phyrexian Altar”等)でも代用できますが、その場合は”血の芸術家/Blood Artist”のような別の勝ち手段を用意する必要があります。

“ファイレクシアの供犠台/Phyrexian Altar”と合わせるのであれば、”死のわしづかみ/Death Grasp”のような除去としてもつぶしの利くカードを採用するのもありだと思います。

“ファイレクシアの供犠台/Phyrexian Altar“”死のわしづかみ/Death Grasp”

土地

マナアーティファクトを少量採用していることから、最低限の枚数に抑えてあります。
安定を重視するならばサイクリング可能な”漂う牧草地/Drifting Meadow”などを加えて増量しても良いでしょう。
“ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower”や”高級市場/High Market”はファッティへの”支配魔法/Control Magic”を避けたり、相手の墓地から”再活性/Reanimate”したクリーチャーを”家路/Homeward Path”されそうになった時など様々な面で活躍をします。
平地/Plains”を増量して”空の遺跡、エメリア/Emeria, the Sky Ruin”を採用するのも面白いかもしれません。その場合は黒いカードが使いづらくなりますので、全体的に白へ寄せる事も考慮されます。

クリーチャー

殆どがトークン、コンボ、除去に関係する能力を持っています。
できるだけ統率者に依存せずに戦える性能のものを選んでありますが、コンボパーツとなるものは単体での貧弱さが目立ちます。”絵描きの召使い/Painter’s Servant”はその最たるものでしょう。
その点に目をつぶるのであれば、”壊死のウーズ/Necrotic Ooze” + “トリスケリオン/Triskelion” + “Phyrexian Devourer”や”トリスケリオン/Triskelion” + “不浄なる者、ミケウス/Mikaeus, the Unhallowed”のような強力なコンボも候補に挙がります。

”壊死のウーズ/Necrotic Ooze” + “トリスケリオン/Triskelion” + “Phyrexian Devourer“

”トリスケリオン/Triskelion” + “不浄なる者、ミケウス/Mikaeus, the Unhallowed”

単体で強くコンボパーツにもなるものは限られており、その隙間をどう埋めるかがハイランダーの難しいところです。
いっそ、コンボとは関係の無い”エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor”や”石覆い/Stonecloaker”のようなフットワークの軽く、妨害手段としても優秀なクリーチャーを採用してペースを握りに行くのも一つの手です。
群れネズミ/Pack Rat”も同名カードを参照する事の少ない無いこの環境では脅威になりうるかもしれません。

その他パーマネント

一部を除き3マナ以下に抑えてありますので、”太陽のタイタン/Sun Titan”と非常に相性の良い構成になっています。コンボパーツを破壊されてもタイタンが攻撃し続けるだけでリカバリー可能です。このシナジーを重視するのであれば、テイサの保護にも役に立つ”稲妻のすね当て/Lightning Greaves”を採用しても良いかもしれません。

他にも装備品を重要視するのであれば”石切りの巨人/Stonehewer Giant”や”鋼打ちの贈り物/Steelshaper’s Gift”も欲しいところです。

“土地税/Land Tax”と”巻物棚/Scroll Rack”のコンボは擬似”Ancestral Recall”として膨大なカードアドバンテージを産み出します。

“土地税/Land Tax“”巻物棚/Scroll Rack“

“拷問生活/Tortured Existence”は共鳴者としてだけではなく、”アンデッドの剣闘士/Undead Gladiator”や”復讐に燃えたファラオ/Vengeful Pharaoh”とのコンボ、中盤以降の息切れ防止と知名度に反して優秀なカードです。

“拷問生活/Tortured Existence“”アンデッドの剣闘士/Undead Gladiator“”復讐に燃えたファラオ/Vengeful Pharaoh”

“繰り返す悪夢/Recurring Nightmare”の無法ぶりは当時を知る方ならば説明するまでもありませんが、ご存じないのであればこの機会に是非体験して頂きたいと思います。

ソーサリー&インスタント

現在は除去、サーチ呪文、リアニメイト呪文、トークン生成と一通り揃った状態です。
コントロールデッキを対策するのであれば、手札破壊やアドバンテージを得られるカード(”夜の囁き/Night’s Whisper””死より得るもの/Necrologia”等)が候補に挙がると思います。
また、クリーチャーデッキ相手の耐性をさらに上げたいのであれば、”神の怒り/Wrath of God”や”滅び/Damnation”のような全体除去カードを増量したいところです。
このスペースはどのような相手にどのように試合をしたいかによって入れ替えると良いかもしれません。

方向性を変えるのであれば、”天使の嗜み/Angel’s Grace” + “むかつき/Ad Nauseam” + “不快な夢/Sickening Dreams”のコンボや各種”教示者”をフル投入するプランもあります。

”天使の嗜み/Angel’s Grace” + “むかつき/Ad Nauseam” + “不快な夢/Sickening Dreams“

ですが、上記のコンボは青い”教示者”を擁する”老いざる苦行者、アローロ/Oloro, Ageless Ascetic”のそれよりも安定性にかけ、個人的には推しづらいものでしたので今回は不採用といたしました。

最後に

ともすれば未完成ともいえる状態ですが、依頼者好みの形に仕上げて下されば幸いです。
細部はボリュームの関係で盛り込めなかった部分もありますので、物足りない部分は気軽にお尋ね下さい。

次回の内容は未定ですが、引き続き統率者戦やデュエルコマンダーについてお話できたらと思います。
デッキ構築のリクエストも同様に募集中です。

それではまたはま屋でお会いしましょう。サヨナラ!

この記事を書いた人

山の民

中信在住プレイヤー。統率者やデュエルコマンダーに詳しい。

 未分類

現在コメントは受け付けていません。