無限ターンへの挑戦

無限ターンへの挑戦

お久しぶりの人はお久しぶり。

そうでない人には始めまして。

自称天才マッドデッキビルダーはまさんだ。

最近はやれPTQだやれGPだと、真面目なデッキばかりを求められるが、
昔は通電式キーを100個コピーして特に何もできないデッキ紙束を作りだしたり
らせんの円錐に100個塔カウンターを置くデッキとかを世に送り出していたわけだ。

そんな私が!注目するカードが!今回ニクスへの旅に収録されている!!!!!

そのカードは・・ 

sage

このカードの何が素敵って、

まず髭が素敵。

あと背景の機械仕掛けの時計とかなんかその辺が少年の心をひきつけてやまない。

もちろん能力だって半端ない。
まず英雄的。イケメンはこうでないといけない。

そしてこれが神話レアたる、能力
+1/+1カウンターを5つ取り除くだけで追加ターンがやってくる。

追加ターン。

私がこのカードゲームに夢中になるきっかけとなったカードにも同じような髭のイケメンと
同じような言葉が書いてあった。

second

若い皆さんはご存じではないかもしれない。

ライフを5以下にして、このカードと補充で半無限ターンを実現するという
素敵なデッキをまわしていた若かりし私は確かに存在した。

大体ライフが5になる事もなく、ノーチャンスのままあっという間に負ける事が多かったがそんなことは問題ではなかった。
無限ターンという言葉にはそれはもう妖艶で魅力的な響きがあった。

ある登山家が「何故山に登るのか?」という問いに「そこに山があるから」と答えたように
「何故無限ターンを目指すのか」と問われたら「そこに追加ターンがあるから」としか言いようがない。

と言う事で大分前置きが長くなったが、今回は「時の賢者」を使った無限ターンデッキ考えて行きたい。

【無限にターンを得るために】

「無限」に「ターンを得る」ためには、毎ターン継続的に時の賢者に5つの+1/+1カウンターを乗せねばならない。
普通に対象に取る方法を取っていたら、ほぼ不可能なことはすぐわかる。
ここではいくつかの方法を用いて、カウンターを乗せる方法を紹介しよう。

■暗号呪文で頑張る

暗号呪文を使う事で、毎ターン英雄的を誘発させる方法。
分かりづらいがようするにこういうことだ。

angou

なんとなく無理っぽい事が分かってもらえたらそれでいい。
次へ行こう。

■アジャニさんの力を借りる

実は最良の相方と言っても良いパートナーが、ニクスへの旅に存在する。
そうアジャニさんだ。

【予約商品】【JPN/JOU】英雄の導師、アジャニ/Ajani, Mentor of Heroes

注目するべきは一番上の能力。
ようするに「時の賢者」に+1/+1カウンターを3つ置けると書いてある。
もうゴールは目前だ。

足りない2個の+1/+1カウンターは
kyoui
や、
hydra

とかで何とかしよう。
無限ターンが現実的になってきたと思うが、いまいち刺激にかけるとお嘆きの方のために。

■もっと刺激をお望みの方向け

trade

何が言いたいかはもうおわかりだろう。
交易所でカードを捨てる!→4点ゲイン!→+1/+1カウンターが4つのる!
+1/+1カウンターが1つ足りない部分は上で挙げたカードや、1ライフをゲインする手段を使って頑張ってもらおう。

■さらなる高みを目指す方向け

私の大好きなカードの1つに、練達の生術師というカードがある。
いつか時代が来ると信じ続け、そろそろスタン落ちが見えているこのカードに
光を与えてやりたいと思う。

まぁ見てくれ。

combo2

これで無限ターンに入ったら、相手は写真を撮ってTwitterにアップせずにはいられないだろう。

■終わりに

今日紹介した以外にも、精鋭秘儀術師トリトンの戦術を使う方法や、幻術師の篭手を使う方法等
様々な方法で無限ターンを得る事が可能だ。
是非自分なりの無限ターンを探してみてほしい。

 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です